いつものように迷惑メールが一杯来るんですけど、その中に埋もれてるけど、ちょっと雰囲気が違うメールタイトルが目に留まりました。
「○ー○ィメディア請求担当者」とかタイトルが付いていて、内容は「あなたが△△というサイトで利用した情報使用代金が支払われていません」「早急に連絡をしてもらわないと弁護士と相談の上、訴訟を起すことにります」などと書かれています。
一瞬、背筋に寒いものが走りました。
え?訴えられるの??と。
当然、△△なんてサイトは知りません。
少しうろたえて、メールに記載されていた電話番号に電話をするべきか迷ったのですが・・・
過去に出会い系攻略サイトに載っていた、架空請求の記事を思い出しました。
身に覚えの無い料金の請求メールには絶対に対応しない事、と。
あまり真剣に読んでいなかったので、もう一度探して見てみる事に。
そのサイトでは、こういう身に覚えの無い請求は無視してOKと書いています。
逆に何らかの反応をしたり、交渉に応じたりすると付け込まれる元だそうです。
相手がこちらの住所氏名を認識していない限りは大丈夫とのことです。
逆に、住所氏名を把握されている場合は、非常に危険とも書いてありました。
少額訴訟という制度があって、住所、氏名宛に内容証明郵便が送られてきたりすると、身に覚えの無い請求でも、きちんと法的に対応しないと、裁判は1日で結審して法的に敗訴となってしまい、財産を差し押さえられたりするらしいです。
オソロシイ・・・
今回の僕のメールの場合はメールアドレスしか知られていないみたいです。

恐る恐る、数日放置してみましたが・・・相手方からは何のアクションも無く、なんとか大丈夫そうでした。
下手に反応していたら更にマズイ事になっていたかもしれません。
エッチしたい一心から始まった出会い系サイトへのチャレンジで危うく架空請求されるところでした。
正直ホっとしています(汗)

 

エッチしたい人におすすめ!登録無料

ハゲデブ包茎でもエッチできた3つのサイト